どうする?子供の家庭での勉強習慣

小学校の通信教育を比較!小学生のママが選ぶ子供の家庭学習法

「勉強しなさい!」と、いくら親が大きな声を出しても、親がその環境を作ってあげなければ子供は勉強をしません。
中学校になれば、定期試験も始まるので、少しは勉強をするようになりますが、小学生の場合は、せいぜい宿題をやるくらい。
でも、この小学校時代の家庭学習で、今後大きな差がついていきます

小学校の家庭学習は、まずは教材選びが重要です。
自分のお子さんの性格や特徴を考えて、一番合った教材を与えるべきです。
どんなに素晴らしい教材でも、子供にやる気がなかったら、どんどん溜まっていくばかり。
小学校から通信教育を始めた多くの家庭が、途中で解約してしまうのは、子供に合った教材を与えていないからです。

どの教材が一番合っているのか、それを見つけるのは、子供本人ではなく、「ママ」の仕事。
当サイトでは、特徴に合わせて小学校の通信教育を比較しました。ぜひ、参考にしてみてください

教材選びは慎重に
習慣が重要です

【まずは机に向かわせる】学びの習慣を

勉強する気が全くない…
宿題をやらせるのも一苦労…。
そんなお子さんにおすすめしたいのは、
やはり進研ゼミ
とにかく楽しく勉強が好きになる工夫がいっぱいです。

進研ゼミの詳しい解説

【しっかり学力の基礎を】できる子を目指す

しっかり基礎を学ばせて、「できる子」にしたい。
学校よりランランク上の問題でも解けるようにしたい。 子供のやる気を引き出しながら、
しっかりと学力を上げたいなら
Z会の通信教育が一番です。

Z会の解説

【作文力をつける】小学校の通信教育

通信教育では珍しい、作文力・国語力をつける講座はブンブンどりむ
通常の教材にプラスして取り入れたい、国語力特化型の講座です。

ブンブンどりむ

【ゲーム感覚でできる】タブレット学習

人気の専用タブレットを使ってゲーム感覚で学習を進められるから、遊びがなかなかやめられない子にもぴったり。
今、注目のタブレット教材スマイルゼミ

スマイルゼミ

小学生から家庭学習は本当に必要なの?

「別に受験をするわけではないし…」
「本格的な勉強は中学からでも…」

学校も楽しく 中学受験が盛んな地域では、当たり前のように小学校から学習塾に通ったり、家庭教師を付けたりしているとは思いますが、その他の地域では、あまり重要だと思われていないようです。

そうですね…確かに、受験をするのではなければ、小学校の時はそれほど、勉強をする必要はないでしょう。
しかし、「勉強をするという習慣」…これは小学校の時に身につけなければ手遅れになります。

中学生は部活動も始まり、とても子供たちは忙しくなります。この時から、急に勉強を始めても、「勉強の仕方」がわからないのです。
脳のリズムが勉強をするシステムになっていないのです。

ですので、小学校の時に、まず、勉強をするという習慣を徹底的に身につけること、これが中学で「できる子」になる一番の条件です。
実際に、中学校の定期テストで10番以内に入る子は間違いなく小学校から通信教育などをしています。
特別一生懸命ではなくていいのです。勉強をするという習慣…これをまずは身につけましょう。

まずは続けられること|小学校の家庭学習で一番重要なポイントです

子供の目線で教材選び 小学生の通信教育の場合、しっかりと継続して続けられるかが一番重要なポイント。
そのためにも子供に合った教材を選ぶのは必須です。

机に向かうことも嫌なのに、いきなり難しい問題が出たら…それだけで嫌になってしまいます。
反対にある程度、学校での学習でわかっているのに、基本的な問題ばかり出てしまうと、今度は飽きてしまいます。
本を読むことも嫌いな子ゲーム好きには、そのままゲーム感覚で、学ぶことができるオンライン学習システムもあります。

まずは、勉強の習慣をつけること、これを第一に考え、「どの教材なら、うちの子は楽しいだろうか?」
という観点から教材を選ぶと失敗がありません。

ぜひ、当サイトを参考に、お子さんの家庭学習の習慣化を成功させてください。

おすすめサイトへのリンク
FPの通信講座の紹介
目指せ短期合格。ファイナンシャルプランナーを目指す人へ。
文部科学省要領
現在の文部科学省の要領のページです。